趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for 3月, 2003

カウル取り付け

月曜日, 3月 10th, 2003


動物みたいなメーターが気に食わなかったので、カウルを物色してた。
ネットで見るとNプロジェクトが氾濫していてそれをELEVENに装着している人も多いのだが、ボリュームのあるタンクとのマッチングがイマイチ! 色々探していたらモトコに形の良いのがあった。 でも価格が59,000円!高い!ネットで探したら新品未使用という、うたい文句でモトコのカウルがオークションに出品されていたのでゲット! 
現物が届いたら新品?未使用?という状態だったけど、まあどうせ塗装しなきゃ色が合わないからいいやってことで…
何しろ59,000円が10,000円なんだしね。 
ただ汎用だから取り付けは何とかなるんだろうって思ってたら、ウインカーを移設しなきゃいけなかったり結構面倒くさそう、アルミの板でステーを自作しようかなって考えてもみたけど、200km/h以上のスピードで走る事を考えるとキチンとしたモノが安心なので、モトコにELEVEN用のステーを発注(7,500円)した。

側自体はFRP製なのでバンパープライマーで下地を作りデイトナの純正色対応塗料MCペインターのミュートブラックで塗装、メタリックなので仕上げはクリア、ここはウレタン塗装を行いたいところだけど、特にガソリンの影響がある場所ではないのでとりあえず、アクリルのクリアで上塗りした。 ただ、虫とかの影響がある場所だから、そのうちウレタンで塗装するかも…
取り付けは結構面倒くさい!こりゃ付けたり外したりは頻繁に出来ないな~

<インプレッション>
視覚的に重い感じなので、ハンドリングへの影響を心配したけど、特に問題は無い感じ。
ただ、前輪が見えなくなるので、ネイキッドの開放感とか、そう言うのは無くなるかなぁ 高速では風防効果はノーマルの比ではなく一応、ノーマルもメーターの形で風防効果を出しており、それなりに機能してるんだけど、やはりこの位のカウルじゃないと本格的な風防効果は望めないよね。

メーターパネルをマットブラックに塗装↑
サファリラリーを走る車のボンネットと同じ効果を
狙って、メーターパネルを艶消黒に塗装した。 
デフォルトのシャンパンゴールドは目にウルサイ

マフラー交換

土曜日, 3月 1st, 2003


↓ ↓

フルパワー化が比較的簡単に出来ると言われている、X-ELEVEN。 自分もフルパワー加工を施そうと思っていたのだが、既に、ECUとエアクリーナ更にインジェクションのリストラクター等加工が実施されていた。
道理で190km/hまでしかメーター表示がないのにグングン加速して行くわけだ。
 
ただ、マフラーだけは加工が施されてなく、いつかやろうと思ってた。 んで、ドリル用のダイヤモンドヤスリなんかを買ってノーマルマフラーの出口に詰まっているパイプを取り外そうとしたんだけど、これが溶接が硬くて取れない! そんな時にネットオークションを見ていたらCBR1100XX用の輸出用マフラーが2本2千円(多少傷あり)で出てた。
国内仕様のマフラーはX-ELEVENとCBR1100XXで同じ型番なので輸出用も同様に付く筈。 スグにゲットして取り付けた。
取り付けは何の苦労も無くすんなり終わり、早速セルを回すとノーマルに比べて結構低音が凄い。 軽くレーシングするとシュゥゥゥン!と良い音。 ちょっと近所を流したら「案外低速が細くなり発進に気を使う。 でも、7000回転以上でのパワーはノーマルと比較にならない! 2速で加速していくと7000回転でフロントがフワァァァって感じでリフトアップする。う~ん乗りこなせるかなぁ。