趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for 10月, 2006

肉まん

月曜日, 10月 30th, 2006


週末は、朝錬と称して単車で1時間程走った後
自分の体で1時間(約10㎞をゆっくりと)走ってる。
もう、2年続いているが4月~10月は朝に「バ~ッ」と
走れるから良いんだが、寒くなってくる冬場は朝は走れないのが
嫌である。(単車は寒いし、ジョギングは体を壊すからね~)
10月も末近くなって、朝に単車で走るのも今年は最後だろうな~
と思って走ってみたが、「さ、寒い~」鼻水ジュルジュルである。
すぐにセブンに入って肉まんを買った。
「う、うまひ…。」
この冬、初の肉まんだ。欲を言えば肉まんはヤマザキのが
食いたかった。セブンは昔はヤマザキだったが、5年ほど前から
パン類をPBにしているので、肉まんもセブンオリジナルである。
頑張ってるんだけど、普通に流通している肉まんの味は
ヤマザキが一番だと思っているので、ひじょうに残念。
自分の家の近くだと、ヤマザキを扱ってるのはホットスパーと
デイリーヤマザキだけで、しかも件数が少ないので食べる機会が
減ったな~
因みにヤマザキ、菓子パンなら、「ナイススティック」と
「スペシャルサンド」が好きなのだが、コレもセブンでは
食べられない。残念~。
子供の頃、肉まんは今位の季節になると、駄菓子屋の店頭に
ガラスケースの蒸し器の中に並べられ、それを見てウキウキしたっけ。
あの頃確か、50円、今は100円。30年で2倍か~。食パンとかと
比べると値上がりは凄いね。この間、肉まんを家で作ってみたが
10個作って200円、1個あたり20円で作れる。大量生産なら工場原価で
10円位なんだろうな~って考えると食べられなくなるから、考えるの
やめた。

雨の朝錬

日曜日, 10月 29th, 2006

雨である。 単車で走ろうと思っていたが、「雨の中を走る!!」なんて頑張っていたのは10代、20代の頃。そんな元気はありません。素直に車で朝錬のコースを走ってきた。

走るコースは単車と同じ。新駅が出来て道が整備され始めた秘密の場所。まだ個人の家は建っていないので交通量がほぼゼロなのだ。 700mの直線の後、90度コーナーがあって、300mくらいの直線、300R程左に曲がり、S字で終わるコースを往復するのだ。T595だと直線で230km/h位は出たのだが、MR-Sだと160km/hが精々。ブレーキも4輪の方が強力なので、90度コーナーではかなり奥まで突っ込める。(T595はメーターが230km/hに当たった瞬間フルブレ-キングをしないと、90度コーナーで死ぬ)直線の後の90度コーナー、気分はもてぎのバックストレッチである。
走り込んでるうちに雨が止んだ.。家に帰ってジョギングだ。

ヘッドランプH4バルブ化・アーシング

土曜日, 10月 28th, 2006

ヘッドライト。 暗いのである。冬場の朝錬は当然、日が昇る前になる訳だから、暗くて暗くてどうしようもない。今時35W/35Wのヘッドライトなんて、スクーターにも劣るかも。ましてスクーターよりスピードが出るわけだから、安全の事を考えると何とかしないと…。と言う事で他のDR-ZのオーナーのHPを確認すると、皆H4バルブの着くライトユニットに交換しているようだ。一番多いのが、Dトラッカーのヘッドライトユニットを流用して取り付けるパターン、これって形が微妙にラウンドしているDトラッカーのユニットを取り付けるのでカウルに隙間が出来ていて格好悪い事甚だしい。ヘッドライトカウルごと移植という手もあるのだが、格好悪いのだ。却下。次にあったのが、同じスズキのジュベルの丸い大型ライトを取り付けるパターン。オヤジバイクじゃないんだから論外。アチャルビス等のサードパーティ製品は大容量バルブに対応してるモノは無く、軽さを追及している感じなので、格好は良いが機能的に×。 色々思案していたら、XR用のヘッドライトユニットがH4バルブを着けている事を発見した。しかしライトユニットだけを使うと小さなユニットなのでヘッドライトカウルごと移植することにした。一応、カタログ等で、大きさを判断。目測で取付は可能だろうと思った。

紆余曲折はあったが、ようやく35W/35Wのノーマルが、ご覧のH4バルブの明るい60W/50W(キノセン高効率バルブなので110W/100W相当)になった。 光軸調整はガレージ内に作った光軸調整マシーン(法令に則ってガムテで印を付けただけだが…これでT595は軸は合っていたので問題なかろう)で軸を合わせた。

バルブ取り付けで電装をイジッたついでに家にあった8sqのコードでアーシング配線を作成、付線した。 本来なら5.5sq程度の太さのコードを使いたかったが、わざわざ線を購入するのも何だし、と思い、家にある資源を使用。アーシングポイントはセルと、ヘッドに近いエンジン部。一般的な場所である。ま、効果が云々言われているが、タダで出来るんだから、やらないよりやった方がマシである。

休日出勤2

土曜日, 10月 21st, 2006


今週も、先週に引き続き休日出勤である。
先週と同じ国際フォーラムで別の会社の転職フェアである。
先週は、エンジニア向けの資格試験と重なった事もあり、
人手は散々だったが、今週は結構盛況で、色々な求職者達と
話が出来た。
感心したのは、2年後の就職活動に向けて会社選びを積極的に
していた、学生の女の子で、キチンとした目的意識を持ち、
自分が、何になりたいのか、5年後、10年後を見据えて各会社のブースをっていた。
勿論、そういう子には、自分の会社だけでなく
一般的に会社が何を求めているか、就職活動に何が必要か
親身になって答えてあげたくなるので、つい熱が入ってしまった。
目的意識を持った女の子を見てしみじみ思ったのは、
最近の派遣の女性の責任感の無さ….。(勿論全ての人がそうではないが)
今週の月曜から、自分の職場に派遣として来た女性は
完全にスキルシートに詐称があり、EXCEL必須で派遣会社に
依頼したにも関わらず、殆んどEXCELをいじれず、ファイルは
壊すわ、引継ぎをする女性に「教え方が悪い」と文句を言うわ
ととんでも無い奴だった。
派遣会社に経歴詐称があるので切る方向でクレームを言うと
(当たり前だ、仕事は学校じゃ無いんだからEXCELの使い方から
教えてられない…引き継ぐべき事は他にあるのだ)
派遣会社が本人にどういう伝え方をしたのか、採用担当の俺に
「こんな扱いははじめてだ、言われなくても辞めてやる」
と食って掛かる始末。
あきれた。引継ぎ中も、「言ってる意味がわからない」(基本が
出来てないんだから当たり前だろう)とか「サーバからファイルを
持ってきて」と言うと「サーバルームに入れません」(はぁ?)と
いうレベルで、教え方が悪いも無いもんだ。彼女は40歳に手が届く
年齢なのだが、今までどうやって世間を渡り歩いてきたのだろう。
本当は、一生懸命引き継いでいる女性に悪いので、最初の契約の
3ヶ月は温情で使ってやろうかとも考えたが、フォロー面談に来た
派遣会社の営業があまりの酷さに(トラブルを恐れて)、
自分から、彼女の契約を打ち切ってくださいと言うくらいの酷さ。
とにかく、引継ぎの女の子は泣かすし、絶対に自分の非は認めないしで
あーいう人も居るんだな~と感心した。

休日出勤

土曜日, 10月 14th, 2006


休日出勤である。 
仕事は、某IT企業の新事業部の採用担当なので
人材紹介会社が開催する「適職フェア」なんかには
常に顔を出し、ブースで仕事を探す人達と話をするのだ。
最近は売り手市場なので、人材確保も一苦労なのだ。
大体、年代によって求職の目的があって
30代:自分に自信がついて他で通用するかの確認職探し
40代:自分の評価に不満があって正当な評価が欲しい職探し
50代:早期退職に呼応したものの再就職の手段が無く離職期間が長い切羽詰まった職探し
てなモノである。
因みに20代は、目的意識を持った人間は少なく今の仕事に
嫌気が指して職探しをしてるパターンが多い。
この、20代の話を聞くのが退屈だね。
目意識が無いから、自分が何をやりたいのか整理しておらず
何を聞いても、響いてくる回答が無い。
個別に所感を書いて部署に推薦の報告をするのだが、
20代は推薦できない事が多い。
目的持てよ20代!!!
友人と一緒にブースを廻る人間が見られるのも20代の特徴。
一緒に適職フェアに来るのは良いとは思うが、一緒にブースを
廻る必要があるのか?男同士二人並んで歩いてる姿は
はっきり言って気持ち悪いぜ。入口で待ち合わせて
別行動で来い!!! こっちは取って食おうってんじゃないし
優しくしてるんだから怖くないよ!!
あと、親が息子の職探し…。論外、どんなに忙しくても
自分で探せ。
採用の仕事をしていると、ニートの問題も頷けると思う。
会社で、鬱になって長期休暇を申請するのも20代が増えていて
言いたくは無いが、俺が20代の頃に比べたらユルユルの環境で
仕事をしてて、鬱も無いだろうに…って本当に思うよ。
通勤電車が怖いとか、朝起きられないとかさ、
俺の頃は、休みは月1回(勿論サービス残業)毎日0時過ぎ帰宅
たまに23時に仕事が終わると嬉しくて飲んで帰ったなんて
20代だったことを考えると、お前ら甘すぎ!!ってチョと思う。
とは思いながらもニコニコしながら対応して、因果な仕事だと
思うんだけどね~。
…「のだめ」16巻面白過ぎ…

テールランプLED化・1ヶ月点検・ライディングギア

月曜日, 10月 9th, 2006

体育の日を挟んだ連休である。しかし、ハッピーマンデーなんて余計な事してくれるから連続した休みが取り辛い。今年は10日が火曜日だから飛石連休な訳で、はっきり言って月曜に休めば4連休じゃん。って愚痴っても仕方ないか。

テールランプをLED化した。と言っても球をLED球が入った汎用品に変更しただけ。本来ならテールランプ内全体に基盤を当てて面積一杯にLEDを配置したいところだが、とりあえず暫定処置。何しろオフ車ベースで貧弱なバッテリなので信号待ちでブレーキを掛けっ放しにすると結構消費電力が気になるのだ。

納車から1ヶ月が経つので、○エスト○ッドに1ヶ月点検をしてもらいに行った。別に1ヶ月点検レベルなら自分で出来るんだけど、新車の2年保証が効かなくなる可能性があると、納車の時に言われたので仕方なく行った感じ。基本的に不具合箇所は無かった(当たり前)がスポークだけ初期の緩みが出ていたので、増し締めをしてもらった。ブレーキ系、排気系のフィッティングを誉められるが、メカニックのお兄さんより遥かに長くバイクに乗ってる訳だから「誉められてもねぇ~」って感じだが、悪い気はしない。上は○エスト○ッドの試乗車。自分のを買いに行く時は売り物だったんだけど、いつの間にか試乗車になっていた。気になるので試乗させて貰ったが、パワー感は俺のDR-Zの方が出てる感じ。仕様はFMFのマフラーとMJの調整だけだそうなので当然か。こちらの方がバックファイヤが凄かった。 やはり2次エア循環システムを外さないと完全には対策できないのかも知れない。

そう言えば、ライディングギアを買っていたんだ。 ソアのライディングパンツとジャージとグローブ。これもヘルメットと同じで個人輸入取り寄せ。KLXに乗っていた時に買ったのがあったんだけど、とっくに売っ払てる。ま、当時はサイズが36インチだったから、あったとしても緩くて履けないんだけどね。サイズは○イコ○ンドで試着して確認した。しかし、俺のサイズはGパンとかだと26~27インチなんだけど○イコでは28インチ以下が無い。試しに28インチを履いてみたが、結構キツメ。これだとアンダーパンツが履けないかな~?ってな感じ。パッド関係が結構邪魔なのだ。んで、28インチの上のサイズを探すと29インチを飛び越えて30インチになっちゃう。単に○イコ得意の欠品なのかと思ったが、カタログを見ると実はラインナップに無い事が判明。仕方が無いので30インチを履いてみる。やはりチョイ緩め。でも28インチよりは動き易い(当然か)まあ30インチにして家にあるCW-Xのアンダーパンツを履けばサイズは合うだろうってことで30インチに決めて発注した。因みに価格はパンツ・ジャージ・グローブを合わせて$12。日本の価格の1/3以下である。
ブーツはオニール。 モタードモデルにしようと思ったが、別にオン用のブーツも持ってるし汎用性を考えてオフ用ブーツにした。これも○イコで試着した。 しかし、オフ用ブーツって固いんだよね~。そう言えば昔に持ってたオフ用ブーツも軟らかくするのに時間が掛かったな~。これは暫くミンクオイル浸しにして手っ取り早く軟らかくするつもり。因みにこちらの価格は$10也。

キャブセッティングとオイル交換とシート色替え

水曜日, 10月 4th, 2006

前回、宿題になっていたキャブセッティングのバックファイア対策。MJ以外の部分でセッティング。今ある部品で変えられるとしたらJNのクリップ位置くらい。 ま、中速域で閉じた瞬間に「バッ」と来るのでJNは理にかなったセッティングだと思う。

3番目のクリップ位置を4番目にした。濃い目に(MJが濃い目にしてってバックファイヤが消えて吹き上がりが良くなっていくので、方向としては濃い目だろうと思った)。

更に並行して500㎞に達したので、オイル交換を実施した。普通なら1000㎞で充分なんだろうが、シングルのピストンスピードの速さが気になるし、他のDR-ZオーナーのHPを見てると皆500㎞で実施してるから、念のためやった。

並行してシートの色を変えた。 近くのホームセンターで「染めQ」を買ってきた。色は「ロイヤルグレー」という色。黒じゃ芸が無いかなと思ったが、後で後悔した。

キャブセッティング

日曜日, 10月 1st, 2006

シート及びスライダを取り付けた翌朝の朝錬で、初めてDR-Zで高速に乗った。 慣らし中なので主に100km/h以下で走ったが、まだMJが薄い感じで、上の回転で多少息つきが残ってるようだ。濃い分には放っておいても良いが薄いとトラブルを呼ぶので早めにセッティングをするべきだろう。また、バックファイヤが結構凄い(#140のノーマルの時に比べたら断然良いが…) これも番手を上げることで何とかなれば良いが。

帰宅後すぐにMJ交換を実施。慣れたのでMJへのアクセスは早くなった。
今回は途中の#167を飛び越えて一気に#170に交換した。しかし、メーカーであるKENSO、質問に全く答えない。セッティングについてはいつでもお問い合わせ下さい、と説明書に書いてあるのに音沙汰無し。割高と思える商品(単なるキャブのデバイスが25千円、取り付けまで頼むとレーシングキャブが買えるぜ)でもサポートがあるから良いやと思っていたけど、音沙汰無いんじゃメリット無いんじゃない? 結局自分で工数使って回り道をしなければならない。俺の工数をKENSOに請求したろか?