趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for 1月, 2007

オープンカーにスーツケース+代休(大腸内視鏡検査)

火曜日, 1月 30th, 2007


先日の休出の代休なのだが、憩室炎の経過観察で通院である。
検査は午後からなのだが、腸内をキレイにしておく必要があり前日か
ら、絶食状態で投薬。数リットルの薬を数時間掛けて飲むのだ。腸内
をキレイにするわけだから、どんどん出る出る。出る物が透明な水に
なるまで出し続けるのだ。
検査は凄くツライ….。腸内にカメラが触れるのでかなり痛い。実に
40分近くの検査だったが、いや~辛かった。検査前は空腹で「終わった
ら何を食べようか」ってことばかり、考えていたけど辛くて終わっても
あまり食べる気がしない。
ま、経過はひとまず良好。ちなみに数リットルの薬のおかげで後で見
せて貰った腸内はキレイな状態。帰宅後計った体重は1.4kg減だった。

帰宅後、来週のバリ島に備えてMR-Sにスーツケースが積めるか確認。
去年は帰国した日にそのまま職場に向かった都合で鉄道で空港まで行
ったので、MR-Sにスーツケースは初なのだ。結果は良好。小さいかと
思ったキャリアだけど充分だね。リアの視界は最悪だけどね。

休日出勤+携帯購入

日曜日, 1月 28th, 2007


さて、携帯電話だがコレである。基本的にカメラの性能に重点を置い
て選択。何とレンズはカールツァイス!!勿論A/F付。
しかし、ノキア製って事もあって慣れるまで使い勝手は正直キビシイ
例えば、自分の電話番号を調べるのに、国産の携帯ならF+0で出る
んだろうが、取説見ないと分からない。ま、慣れればカメラ性能は
文句無いので、慣れるしか無いんだろうけど。

携帯を買いに行ったソフトバンクショップで見た、メルセデスのW123
好きな車である。中学生の時に憧れたのでかれこれ30年近く前に欲し
いと思った車だ。しかも好きだった肌色。随分キレイだった。マフラ
ーの形からディーゼルだろう300TDかな。ナンバーがお洒落で
123だった。この辺りまでのメルセデスは開発費にべら棒に金を掛
けてて、他のメーカーと一線を画してたんだよね。ボディーもしっか
りしてました。

今日は、採用関係の打合せで某採用サイト会社と打合わせで丸ビルに
出かけた。階数は内緒だが、上の方にある会議室での打合わせなので
眺めは良好。仕事じゃなければ最高なんだけどね~。

今週末も連休無し

土曜日, 1月 27th, 2007

今週末も、先週の土曜出勤に続き日曜日に某人材紹介サイトを運営
している会社に諸用で出向く為に休みは27日だけ。
更に、部署が出先から本社に換わったためスーツを着る頻度が高く
なり、スーツも何着か新調しなければならず、唯一の休日の時間も
買物に費やす羽目になった。

とは言え、気分転換をしないと腐ってしまうので、早朝にイソイソ
とMR-Sでいつもの練習コースへ…。
途中、近所の誰も走っていないトンネルでフル加速。だいたい4速
レッドゾーンで170km/h強まで加速する。う~ん。まだ5速と6速が
余ってる。MR-Sの諸元を見るとギア比は4速=1.031、5速=0.815、
既に5速でオーバードライブ気味、6速に至っては0.725!! もっと
実用域で頻繁にギアチェンジできる設定にならないもんかね?
大好きではないが、昔から気になっていたBMWの2002なんぞは、ti
だろうがtiiだろうがturboだろうが5速のギア比は1.000だよ(つまり
直結)実用域で、エンジンがブンブン唸ってた方が面白いんだけど
な~。

走った後は給油。地域で一番安い店なので小さい割に客が絶えず、昼
はかなり並ぶので、朝のうちに行くのだ。件のオイルを引き取っても
らっているガソリンスタンドである。
今回の燃費は満タン法で14km/L弱。やはり燃費は良いね。IXLも効
果が出てきたんだろうか?
インドがF1の開催に名乗りを上げているそうな。自分勝手な考え方
なのは承知なのだが、F1開催でインドのモーターリゼーションに活
気が出ると、中国以上に化石燃料枯渇に拍車が掛かるんだろうな~っ
て憂鬱になる。自己満足で車と単車を転がしてて言う台詞じゃ無いけ
どね。
因みに買物ついでに携帯を買い換えた。auがIDOというブランド名で
安田成美嬢がCMしてたレンタル携帯(当時はレンタルしかなかった)
のミニモを使い出してから10数年、色々な会社に乗換え、番号を変え
てきたが、いざMNPが始まった途端、各社のサービスが訳わからん状
態、結局毎年行くインドネシアにそのまま機器を持って行けるソフト
バンクのままにした。少し奮発した。(後日インプレアップします)

スタッドレス取付

日曜日, 1月 21st, 2007


今日は休みである。
本当は、近所に住む俺の空手の師匠と一緒にヌンチャクをやろうと
約束していたのだ。実は中学からこの近所の師匠に空手を習ってい
て、大学に入る前まで続けていたのだが、この年になるまで、全く
やっていなかった。
ところが、住んでるコミュニティーの新年会の席で「久しぶりにやろ
う!」と誘われて、「やります!!」と二つ返事で答えてしまった。
しかし、金曜の夜からの深酒+土曜の転職フェアで体はボロボロ。
微熱もあるので、今日は断った。
体はボロボロではあるのだが、折からの天気予報では明日の未明か
ら雪になるとの予報。 異動初日に本社(今までの東京から横浜に
なる..通勤時間倍!!本社の採用部所が3月には秋葉原に引越すので
2ヶ月弱の我慢だが)に遅れるわけには行かないので、万が一、朝起
きて一面の雪だった場合を考えキューブをスタッドレスに換える作
業を実施した。いつもなら12月に入るとすぐに実施していた作業な
のだが、サボっていたツケが廻ってきた。体調が悪いので、女房に
手助けをしてもらいながら、作業を進めた。 疲れた。
午後は、図書館に行って本を返してまた借りて、クリーニングに出
していた客用の布団を取りに行き、買物をして帰った。
明日からは本社だ。一応、本社からのオファーに答えるかたちで、
元部所に無理を言って異動を納得してもらったので、頑張るしかあ
るまい。
少しプレッシャー、ある意味マリッジブルーのような心境だ。

朝帰り+休出

土曜日, 1月 20th, 2007


朝帰りである、。
実は、出先の事業本部の採用部所から本社の採用部所に異動になり、
送別会があったのだ。酒は大好きなのだが、飲むのではなく飲まれる
のが専門なので、自分で飲まないようにセーブしていたのだが、また
やってしまったようである。目が覚めたら会社のそばの漫画喫茶に放
置されており、一緒に飲んでいた連中は誰も居ない状態。
金曜の18時半に飲み始めて、記憶をなくし、気がついたのは翌日土曜
日の6時である。

土曜日なので、通常ならばそのまま家に帰ってバタンキューで良いのだ
が、異動初日に休日出勤!! 例によって転職フェアへの参加が待ってい
るのだ。家路を急ぎ、女房の小言を聞き、熱い湯に浸かって酒を抜き、
服を着替えて会場へ急いだ。つ、疲れる。
酒に飲まれるのだから、酒は止めよう…。そう思った。
会場に着いて転職フェア対応。 二日酔いは無いのだが、睡眠不足による
疲れのせいか、求職者との面談に気合が入らない。 しかも会場全体の集
客が悪く、人が沢山居るわけではないので、ダレる。一日が長かった。

ナロー・ポルシェの憂鬱

火曜日, 1月 16th, 2007


最近は、ブックオフで本を購入するよりもっぱら図書館で本を調達
する方が多くなってきた。
図書館がブックオフより近くにあるということもあるが、自分の本
を読むペースが異常に早い(よく読んでないとも言う)ので、ゴミ
(読んだ本)がどんどん増えていってしまい、結局またブックオフに
持っていく。
毎週のように、買っては売り、買っては売りしてるので、買ったも
のを売ると言うより、本をレンタルしてるような感覚で、結局、図
書館と変わらないじゃん。と思った。図書館はタダだしね。
ま、北海道ツーリングとか、バリ旅行とかの際は、現地で本を捨て
てきてしまうので、安い古本を持って行くしかないんだろうど…。
さて、前回、図書館ではいつもの航空機モノに加え、JCOの東海臨界
事故関連の本と「ナローポルシェの憂鬱・吉村明彦氏著」を借りた。
以前購読してた雑誌に連載されており、懐かしく思ったのだ。連載
時は比較的暇つぶし程度に読んでいたが、今回一気に読んでみると
1項目毎に1ヶ月待たされない分、つながりが良くテンポ良く読めた
内容は古本好きの氏が8万キロ乗った国産車を乗り換える際に、雑誌
で見たナローに魅せられて..
いわゆるカーマニアという訳ではない吉村氏が、どのような経緯で
ナロー購入に至ったのか、また、運転の癖からトラブル等に対する
淡々とした描写は、自分が目の色を変えて乗っていることが気恥ず
かしくなってしまう感じで、もう少し肩の力を抜いてモディファイ
ばかりせずに、生活に染み込ませて乗り物と付き合っていこうと思
った(思っただけだけど…)

航空科学博物館

土曜日, 1月 13th, 2007

週末。家にじっとしていられない性質なので、以前から狙っていた
成田空港傍にある、航空科学博物館に行ってきた。
大好きな、国産旅客機YS-11が屋外に展示されているのだが、
残念ながら改修中で見ることは適わず。それでも興味深い展示物が
あり、入場料500円はリーズナブル。

建物の前で最初に迎えてくれるのが、「セスナ195」登録番号JA
3007なので、戦後駐留の連合国軍から交付された航空禁止令が
解除されて航空法が施行された直後に登録された新聞社の保有機の
うちの1機。(この機体は朝日新聞の「朝風」)
確か伊丹に展示されていた筈だが、いつの間にかここに来てた。
星型エンジン(ジャコブス製・形が好き)は300馬力程。

館内に展示されていた初期のB747のコクピット。何と座れるの
だ。スイッチが沢山あってカッコイイ!!部屋にひとつ欲しい。

でかい!B747-400の模型。スケールは何と1/8。主翼幅
10m程になる。ただ展示してあるだけじゃなく、後ろにチラっと見え
るコクピットで操縦体験が出来(売店で整理券を貰って)それに連動
するのだ。ちゃんと搭乗前にブリーフィングがあって本格的。
今回は時間の都合で、体験しなかったがYS-11が復活したとき
また来る予定なので、その時は体験しようと思う。他の人が体験して
たのを見せてもらったが、着陸態勢に入った時にフラップは下がるは
ランディングギアは降りるは、着陸後エンジンは逆噴射状態になるは
ですんばらしい出来でした。

館内を一通り見た後、屋上の展望室に行くと、な、なんと成田空港の
滑走路の目の前、素晴らしいロケーション。偶然にもB747が数機
タキシングしてて離陸待ち状態。よく見るとJAL機の後ろにガルー
ダの機体「おお、いつもバリ島に行く時に乗っているGA881便じゃん」
と女房に言うと、無理やり「おたく」な世界に連れてこられて引き気
味だった女房も喜んでた。最初に離陸したJAL機に比べると離陸距
離が長く、かなり重い(満員)んだな~と感じた。
いや~しかし500円でこれだけ楽しめて、お客さんは少なくて本当
に穴場。
因みに747、ジャンボの愛称で呼ばれてるけど、正式にはB747
ボーイングはジャンボとは言ってない。当初はジャンボの愛称を嫌っ
てたんだよね~。「大きい」って意味だけでなく「不器用」「鈍」て
意味もあるから。

午後は来月行くバリ島の準備の買物を何点かして、一旦車を家に置き
近所の「平城苑」まで自転車で出かけて焼肉を堪能するのであった。
ああ、有意義な一日だった。

オープンカー購入大作戦

金曜日, 1月 12th, 2007

画像は、2年程前の冬に女房と沖縄に行った時の画像である。
実は、この時期は特にクルマに対して趣味性を求めてはいなく結婚
と同時に買ったプリウスを大事に乗っていた。
でも、若い頃はそれなりの車に乗っていたので、いつかこの手の車
に乗りたくなるだろうって事を想定して、冬場の格安沖縄ツアーに
付いていたマーチのレンタカーをオープンカーにアップグレードし
て渡されたのがコレ、BMWのZ3である。
夏じゃなく適度な気温の沖縄で乗ることで、オープンの爽快感を女
房に経験させ、更にあえてオープン状態で女房にホテルの駐車場に
車庫入れさせて、バックのやり易さを印象づけたのだ。
(オープンにして車庫入れすればリアの視界は超クリアな訳でバッ
クは非常にやり易いのだ)

そんなこんなで、すっかり女房もオープンカーを気に入り、すんな
りMR-S購入にこぎつけることが出来た。
因みに、このZ3。2Lのオートマだったのだが、とんでも無いへ
タレ車で出足が思いっきり悪く、信号待ちのスタートではアクセル
を床まで踏み込んでも、軽自動車より出足が悪くドライバビリティ
は最悪だった。内装もチープだったしね。ただ、トランクは広いし
幌はたたみやすかったのは覚えている。

カメラのコンバージョンレンズ

月曜日, 1月 8th, 2007


去年、デジカメをミノルタのDIMAGE XiからリコーのCaplio R4に買い換えた。
画素数には不満は無かったのだが、手振れや風景撮影の際の
撮影範囲に限界を感じたので、28mm広角を謳うデジカメを購入したのだ。
これを買うときはパナとリコーにしかコンパクトデジカメで
広角対応の機種はなく、パナは値引率が悪かったのでリコーに
したのだ。
まあ、昨今の電化製品なので基本機能に不満は無いのだが
広角が28mmだと、まだ物足りない。
コンバージョンレンズを買おうにも、パナやソニー程メジャーじゃ
ないので、残念ながら対応製品は見当たらなかった。
って思ってたら、あった。
汎用で磁石で本体に取り付けるという優れもの。
安いので明るさはかなりスポイルされるが、その辺はレタッチして
ごまかせば何とかなりそう。何よりツーリングやバリ島で威力を
発揮しそうなので、今から楽しみ。

時計

月曜日, 1月 8th, 2007

そう言えば、昨年は長年愛用していた時計を換えた。

15年以上使っていたオメガ/スピードマスターである。
仕事で使わないなら、日差120秒の誤差は許容できるのだが
通勤で使う鉄道(新線のTX)の乗換えインターバルがシビアなので
120秒の誤差が帰宅時間に大きな影響を与えるようになってしまった。
仕方が無いので、狂いの無い新しい時計を物色。
条件は「電波」「10気圧以上の防水」「スーツに合う」「ソーラー」「ストップウォッチ」「ワールドタイム」
要はフルスペック 会社の傍のヨドバシで物色したが
当初狙ってたセイコーは上代が10万程で実売が7万。
伏線で狙ってたタグ・ホイヤーはそれより5万ほど高い。
オメガを買うときは感じなかったが、時計に金を掛けるのに
抵抗を感じるようになってきたので
(だって、通勤電車に乗ってるとロレックスだのオメガだの良い時計してる輩が沢山いる、特に俺より年収が絶対に低い若い奴…車でも装身具でも分相応ってのがあるだろうに、家の近くのアパートの駐車場はセルシオだのメルセデスだのボルボだのが並んでるが、佇まいに思いっきり違和感を感じる。天邪鬼なの自分)
安いのを探したら、あった。

カシオである。とは言えOCEANUSという同社では最高級の部類。
上代7万位、実売で3万強。安い!! しかもフルスペック。
ベルトだけは、ステッチが白く若い感じがしたのでブライトリングに換えたが、それ以外は満足だ。毎日テレビの時報と全く同じに動くのは気持ちが良い。
ロレックスは年収が1,500万を超えたら買います。
それでも、デイトナじゃなくてエクスプローラだよ。
※別に高い時計を持っている人を否定してる訳じゃない、それぞれ価値観が違うので…。見る人が見れば、俺だってバイクに掛けてる金をアホらしいと思う人だっているだろうしね。
因みにオメガ。使わない時計を遊ばせておくのは気の毒なので
ヤフオク出したら、9年落ちにも関わらず新品での購入金額の75%以上の値が付いた。不思議。