趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for 7月, 2007

北海道ツーリング準備(DR-Z)

日曜日, 7月 29th, 2007

昨日は、ひと通りの北海道ツーリング荷物関係をまとめ、今日は車体関係の確認。
先ずは、早朝(5時半)ジョギング前に近所の投票所に一番乗り狙いで出掛ける。
一番乗りをすると、投票箱が空である事を確認する名誉に預かることが出来るのだ
しかし、残念ながら今回の選挙は注目度の高さからか、既におじいさんがイスを
持って来て一番乗りしてた。仕方がないので諦めてジョギングへ…。
因みに選挙。二十歳になって投票権を貰ってから欠席した事が無い。
よく、「何も変わらないから」とか「だれがやっても同じ」と言って投票しない
輩がいらっしゃるようだが、それは違うと思う。一票の意見としての反映は必ず
成される。今回は注目度が高いので、投票率は高い筈。結果はまだ出てないが、
皆が選挙に行くと結果が変わると言う事がわかると思う。
因みに、選挙に行かない人へ、政治については語らないで欲しい。
資格が無いと思う。

さて、単車の方は、空気圧、ライト関係のチェックを軽くして、雨対策で家に
あったミスターグリップマンを塗布した。タイヤを水洗いしてから多めにスプレー

塗布後。相変わらず、よく分からない皮膜が表面に…。これが効くのである。
驚き。

更に乗車位置からだと見辛いガソリンコック、チョークレバーの為に位置が
判るように、ステッカーを貼った。
赤矢印はガソリンコック用。黄矢印はチョーク用。ガソリンコック、チョークは
顔を覗き込む位置まで下ろさないと、全く見えないし、手探りで探すのが
大変だったので、コレで解決した。
後は来週出かけるだけ。
楽しみ。
安全運転で行こうっと。

北海道ツーリング準備

土曜日, 7月 28th, 2007

いよいよ来週は夏期休暇。
土曜日の早朝に新潟に向けて出発する為、今週中に準備は終わらせておく必要が
ある。毎年の事なんだけどね。
先ずは毎年恒例、安全を祈願して義母の墓参り。

お墓のある墓地で結構好きなW123を見た。
完全なノーマルで、再塗装もしてないのに、見事にキレイな車体である。
タイヤもコンチネンタルのノーマルサイズ。リアが下がり気味になっている車両が
多いが、コレはシャキッとしてる。メッキの質等を見ると、現行のメルセデスより
格段にコストが掛かっている(例えば初期型のセルシオのように…)いいなぁ

帰宅後、いつもロングツーリングに使用している10年選手のエンジニアブーツ
(ホーキンスの安物)観光地を歩くのにライディングブーツは仰々しいからね。
サドルソープで洗浄後、ミンクオイルを塗布。仕上げはABCマートで購入した
靴紐に付け替えた。グローブもサドルソープで洗浄(ベトつくからミンクオイル
は無し)
んで、着る物、フェリー内での食べ物、虫対策(塗り薬必須..過去3回走行中に
蜂に刺されてる)フェリー乗船時用に車体内に固定していた車検証を出したり、
諸々、荷物関係をまとめた。

今年はバリ島が決まっているが…。

日曜日, 7月 22nd, 2007

この迫力!!
是非行きたい!!
カリブ海にある、セント・マーチン島である。
ひとつの島で、オランダ領とフランス領に別れており、オランダ領側の
プリンセス・ジュリアナ国際空港だと、この信じられないランディングが
見られるらしい。
スピード2で客船が突っ込むシーンはココで撮影したんだと。
来年は結婚10周年なので、バリ島じゃなくココに行こうと画策中。
日本からツアーは無いし、遠いので、休暇は沢山貰わなきゃいけないなど
ハードルは高いが、絶対に行ってみたい~
747の着陸をビーチに寝そべって日がな一日見てるってのも
楽しそう。
どっちもユーロだし、フランス語が中心らしいが、英語も通じるらしいので
何とかなるかな…。英語が得意な訳では無いが。
インドネシア語(バリ語ではない…バリ語は現地でも年寄りしか使わない)
の方が英語より通じるという特異な日本人というか使えないランゲージ野郎
なので、女房に頼る作戦でコミュニケーションは何とかしようっと。

フェリーチケット受取

日曜日, 7月 22nd, 2007

休出が続いていたので、旅行会社から連絡は受けていたんだが、
なかなか取りに行けなかった、フェリーのチケットを取りに行った。

今年も、往路は新日本海フェリーで「新潟~小樽」復路は商船三井で「苫小牧~大洗」
茨城に住んでいるんだから、往復とも「苫小牧~大洗」にしたいのだが、相変わらず
使う人のことを考えていないタイムテーブルなので、往路は新潟航路になってしまう
しかし、被災者が居るのに不謹慎かも知れないが、今回の地震で影響が無いのか
やはり心配。旅行会社は影響は無さそうだとのことだが、ハッキリはしないみたい。
被災者には義援金を寄付しておいた。
さて、今年の北海道も相変わらず、行き先は決めていない。
小樽に到着した時点での天候と体調で、色々なパターンが取れるように
宿情報だけは集めておいた。
明日は、代休なので単車の準備、荷物の整理をするつもり。
この時間が楽しくなってくる。

週末定番の資源ゴミ出し

土曜日, 7月 21st, 2007

週末である。
ずっと休出だったので、今月に入って初めての土曜休みだ。
朝はジョグから始まったが、途中から雨に降られてビショビショになって
帰ってきた。(いつも汗だくだから同じと言えば同じだが)
帰宅してシャワーを浴びていつもの24時間営業のショッピングセンターに
MR-Sで資源ゴミを出しに行った。

そこで見た、フェアレディZ32
ホイールベースが長いから2by2だろうが、ノーマルのシルエットがそこそこ
カッチョイイのに下品なエアロパーツで台無し。
ま、他人のクルマだからとやかくは言うまい。
でも、ノーマルが一番良いと思うんだよな~このクルマ。

夜間面談

水曜日, 7月 18th, 2007

今日は、仕事帰りに某人材紹介会社に寄って、セミナー講師としてセミナーと面談を
実施。結局帰宅は深夜になった。

某人材紹介会社の面談室である。
両側にビシッと並んでいる。一体何部屋あるやら。
しかし、売り手市場の昨今、応募者(転職希望者)の次の仕事に対する要望は
ハードルが高く、必ず他社競合になる。
内定を出した後のフォローが大変である。
笑顔と人柄?で人材を確保してきたつもりだが、なかなか難しくなってきた。
疲れもひとしお…。
疲れた~。

誕生日

土曜日, 7月 14th, 2007

今日は7月14日。43回目の誕生日である。
しかし、休日出勤…..。
台風も近づいているのに…。

仕事が終わって帰るときに会社の女の子が「誕生日おめでとうございます」
って、チョコレートをくれた。
義理とはわかっていても、嬉しいもんだ。
お返しが大変だけど…。
昔は、シャレでパンストとかパンティーとかをお返しにあげたりしたもんだが、
今はセクハラがどうのこうのってうるさいから
ハンカチとか、ランチ(夕飯だと、やはりセクハラ扱いになるらしい)で
お返しなんだろうな~。

休みだ~

日曜日, 7月 8th, 2007


久しぶりに単車で朝錬…の前にいつも行くショッピングセンターに牛乳パック、
ペットボトル、食品トレイをリサイクルボックスに入れるために立ち寄り。

んで、最近よくこのショッピングセンターで見かける気になるクルマが停まって
いたので、パチリ!! そう、BMW635だ。
クーペの中では、同じBMWの3.0CSLと共に好きなクルマだ。
確か633が3.5Lになって635になったのが’80年より少し前だから、もう30年近く
の車齢ということになる。既に市場価値は全く無く、余程の好きものしか持って
いないだろうに…。と、思っていたクルマだ。このクルマというかこの固体。
何が気になるかって、いつもオーナーが中に寝てて、エンジン掛けっぱなし。
アイドリングさせてんなよ(怒)よく見ると、ホイールが右前輪だけアルピナ
タイヤは全部ツルツル。う~ん、オーナーの勝手なのだが、キレイにして乗って
もらいたいし、タイヤは雨でスリップしたら、他人を巻き込むだろう。
アイドリングもさせとくな!!ってのがひじょうに気になってるんだよね。

んで、いつも行くコンビニで珍しいクルマを発見。
スマートフォーフォー。
う~ん、過激に不恰好。
実は女房がスマートフォーツーに乗りたがって、近所のシュテルンに見に行った事
があるんだけど、当時は軽登録が出来なくて(車幅が若干広かった)軽登録できる
ようになったら買おうと言っているうちに、女房の購買意欲が無くなったっていう
ことがあった。最近フォーツーは街中で良く見かけるけど、見る度に、女房が
「買わなくて良かった」と言っている、麻疹のようなクルマのラインナップ。
さすがにゲテゲテ。乗り出し250万程だろうが、それだけ出せば、良い車は沢山
あります。
嫌いじゃ無いんだけどね。

まな板 包丁

金曜日, 7月 6th, 2007

週末は休日出勤。
でも先週、女房の実家に行って大工をやっている義父にまな板を削るのを依頼していた
ので、金曜帰宅後取りにクルマで出かけた。

今日は、出先から直帰なので、21時半には帰宅。比較的早い帰宅だった。
玄関には入らずにすぐにMR-Sに乗り、女房の実家に。
今日は梅雨の中休みで昼間は凄い暑さだったのだが、夜は気持ちが良い。
途中、ロードスター2台、ゴルフカブリオレ1台、ビートルカブリオレ1台に遭遇
したが、皆、オープンにしてたので「そんなに気持ち良いの?」と思い、信号待ちを
利用してすかさずオープンにした。
気持ちイイ~!!
いやぁ、こういう瞬間にオープンカーにして良かったって思うよね。
実家に着いて作業場に置いておいて貰ったまな板を取り(頼んだのは2枚だったが
5枚になってた)実家の近くで飲み会に興じていた女房を拾い、帰宅。
いやぁ~ いいドライブだった。
まな板自体はさすが、職人技。ヒノキの正目は当然として、狂いが無いから
みじん切りとかがやり易いんだよね。
因みに一緒に写ってる、包丁はこの間新調したヘンケルのオールステンレス製
定価の1/3でゲット。コレがまた切れるんだ。
包丁入れから出す時も、西洋の剣の様に「シュイ~ン」て音がしてカッコイイんだよ。

クルマはかくして作られる

日曜日, 7月 1st, 2007

久しぶりに、師と(勝手に)仰ぐ福野礼一郎氏の本を図書館で借りてきた。
前回は「極上中古車を作る方法」という、素材の確保から各部の個人レベルで出来る
リフレッシュ(レストアではない)の方法が事細かに載っていて、相変わらずその辺の
モータージャーナリストとの視点の違いに驚いたが、今回も凄い。

クルマがどのような技術で、また日本の企業構造に至るまでメスを入れ、下請け工場
の技術力の上に日本の自動車産業がオンブしていると言う事を痛感させられた。
外車も何台か乗り継いでいるが、最近は外車に乗る気は全く無い。
その辺、改めて確認が出来た思い。
外車って趣味性は高い(確かに魅力はあるが)機械として未完成(たとえドイツ車
でも)だと思う。
アイドリング一つとってもそうだし、定期的なメンテナンスを要求するし
乗っていて旬の時間が短いし。
フールプルーフに出来ている国産車が結局精神的にも安全だな~って思う。