趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for 11月 17th, 2007

SRXレストア 一先ず方針変更

土曜日, 11月 17th, 2007

久しぶりの晴れの週末。
せっかくだから、義母の墓参りに出かける。
ついでに(こっちがメインとの噂もあるが…)○イコ○ンドに寄った。
頼んでいたモノが入ったとの連絡があったのだ。

特に特売日でもないので、閑散としてる、○イコ○ンド柏店
入手したのは…。

復刻版のサービスマニュアル。
いじる上で絶対に必要。

リアサスペンション。 ノーマル新品。
いざ買う段になってオーリンズとかWPとかかなり悩んだが、新品部品が入手
出来るんだから、一番バランスが良かろうって言う判断。
実際、バトルオブザツインが筑波で盛んだったとき、ノーマル率が非常に
高かったのだ。
また、オーリンズをゼファー750に取り付けてたとき、美味しい期間の短さ
に閉口したのもノーマルにした理由。社外品はオーバーホールが出来るとか
細かいセッティングが出来るってメリットがあるんだが、オーバーホールに
関しては、最近はノーマルにも対応してくれるショップがあるし、細かい
セッティング変更はタイムを削り、年中タイヤを替えるレースならいざ知らず
公道に於いては特に優位性も感じない。ま、カッチョイイという美点がある
のだが、そこはサスカバーを付けることでごまかしちゃおう。何より安い。
これ、新品で28千円だからね。不満点が出たらオーバーホールの際に仕様変更
してもらえば良いのだ。それでも社外品に比べたら大分安い。

自分の中で定番のNSRのホンダ純正グリップ。
少し短いのだが、手が小さい自分に一番フィットするし、径が32mmなので
多くの社外品の30mmに比べると、アクセル操作が多少細かく制御出来るのだ
左右揃えて1,000円しないのも魅力。
ホンダはグリップの出来が良くて、オフロード用もスコット等の社外品より
CR用の純正の方が安くて具合が良かったりするのだ。

MOSキャリパーのバックプレート。
作動性を考えたら、外して使ってる人が圧倒的に多いのだが、一応揃えた。
600円程度だし。

知る人ぞ知るM10×30×1.25ピッチの純正流用定番パーツ。ステンレスで
貫通穴が開いているヤマハの純正キャリパーボルト。
型番は90105-105A7 250円程。
その辺の社外品アルミパーツよりずっと大人だし、カッチョイイし軽量なのだ


フロント・リアホイールのベアリング、それとステムのテーパーローラー
ベアリング。ホイールのベアリングは純正品。ステムのベアリングはテーパー
だと、汎用品のほうが安くて性能が良いって聞いていたので、汎用品にした
けど、純正の方が安かった…。 でも性能は良いだろうって事で…。

リアハブダンパー。これは多分、交換されて無いでしょう。
安い部品の割りに、グッとクラッチを繋いだときのフィーリングとかに大きく
関ってくる部品なので、要交換。

買いましたよ~。1/2サイズのマスターシリンダー。 実はこれも悩み処、
DR-Zで使ってるブレンボのレーシングにしようかな~ってチラッと思った
んだけど、現代版のDR-Zにラジアルは似合っても、SRXにはね~。
80年代を背負った形でレストアしたいので、却下。値段が安いのも魅力。
完全にネイキッド(裸)だから、ハンドル廻りは目立つからね~。
ラジアルポンプは目立つでしょ。カウルが無ければさ。

さて、交換するのが当たり前の部品。
バンジョーのワッシャとオイルフィルタ、フィルタのOリング。
特にコメントはありません。

メタルパテはマフラーの穴埋めに、また厚付パテはリアカウルの一体化に
使おうと思ってる。 ホルツもソフト99もDIY派の強い見方です。

タコメーターカバーにコケ痕が…。これはメタルパテを使おう。
メカニカル式のタコメーターなので、僅かとは言えエンジンの抵抗になってる
筈。エレクトリカルなデイトナ辺りのデジタル式に代えようかとも思ったが
このメーター、スピードとタコの組み合わせがSRXのアイデンティティだと
思ったので、直すことにした。


んで、マフラーの穴。前に報告したが、エンドパイプの繋ぎ目だけじゃなく
名板からも漏っている、ここにメタルパテを使う。

マフラーを繁々と見ていたら、問題発覚。リアのブレーキホースがメッシュ
一時期、猫も杓子もやってましたね。でもリアにメッシュは必要ないのです
あ、ビッグスクーターとかハーレーとかリアに荷重が掛かってる単車には
効果があるかも知れません。でも普通の単車の場合、ネガな部分しか見えない
利き過ぎでコントロールが出来ないの。足は手ほどに器用じゃないからね。
大体、リアはブレーキ残したまま、コーナーに入って行くことが多いので
ここは、ストックしてあるVTR SP-1のリアマスタカップとリアホースを
使ってフィーリングを変えるつもり。
しかし、フロントブレーキのマスタが14mmな事と関係あるんだろうな~。
どちらも少ない入力で効く(コントロール性は二の次)これって前のオーナ
が女性だって事も関係してるんだろう。妙に整備された足回り(フロント
アクスルがスッと抜けた、大体固着してるのに、整備してる証拠)の割に
変な改造がしてあると思ったが、主治医(バイク屋さん)の配慮なんだろう。

さあ、今日やった仕事は、マフラーの穴埋め(作業風景は手がパテだらけ
だったので画像が無い、後日完成したらお見せします)とこのフロント
ローターの交換。
因みにどのくらい減っているんだろうと思って計測したら
4.9mm!!ガ~ン!!減ってない。新品は5.0mmで使用限界4.5mmだから、
まだまだ使える。 でもパッドもキャリパも替えるので今回は交換しちゃい
ます。 消耗品だから、外した部品は取っておく。

ディスクのボルトはキッチリ2.3kg・mで締める。勿論ブレーキ廻りはネジ
ロック必須。
取り付けの時、ホイールのベアリングを確認したんだけど、新しい。結構最近交換してるみたいだな~。
ここは部品ストックだな。 あと、フロントフォークが無いフリーの状態で
ハンドルを動かしてみたが、ウルトラスムーズ。恐らくステムもホイールと
同じタイミングで交換してる感じ。これもストックしよう。
更に、マフラーの穴を埋めてるときに、硬化を早くしようと思ってエンジンを
掛けたんだが、あらためて良い音。早く乗りたくなってしまった。
全塗装のつもりで塗料を買ったけど、今回はゼファに最初に施した、磨き
作戦でノーマルの塗装を楽しんで、それが汚くなったら全塗装をする事に
方針を変えよう。元々、SRXの塗装は他のヤマハの単車と違いクリアが厚い
のだ。 勿体無いと言えば勿体無いからね。
なので、基本的に部品交換は、消耗してると思われる所だけに施してやり
乗って楽しんで、徐々に手を入れた方が老後の楽しみバイクとしては
コンセプトにマッチしてるだろう。