趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for 9月, 2009

仙台の某所(出張)

火曜日, 9月 29th, 2009


今日も「Maxやまびこ」で移動。(はやて代出せよ!指定席代だよ)

はい、仙台。
多分、出張先で一番多いんじゃないかな~。

仕事終えてトンボ帰り。
昼飯抜きだったけど、弁当も買わず。

何故なら、送別会を控えてたから。
あっという間に上期が終わった。
1年って早いな~。

SRX修復の巻き~2

日曜日, 9月 27th, 2009

壊れた、フェンダーレスキット。
代わりの新品が届いたので、取り付け。
手配したのは、SRX系のFRPパーツを中心にセンスの良い物を今でもリリース
している、クラブシンプルのモノ。

ディティールも良いし、仕上げも上々。

ルーカスタイプのテールランプを取り付けて、反射板も移植。グロメットも移植。
後は、配線の処理だな。
以降は来週。早くしないと、乗って気持ちイイ時季を過ぎてしまう。

ウロコ雲

日曜日, 9月 27th, 2009


秋は嫌いなんだよ。
単車乗ってる人は好きな人多いんだけどね~。
汗っかきでドロドロになるくせに夏生まれの所為か「夏が好き!」
だけど、今日は気持ちよかった。
雲の感じが夏の北海道みたい。
クルマのボディに写った雲をパチリ!

SRX修復の巻き~

土曜日, 9月 26th, 2009


さて、整備中に倒してしまったSRX。
早々に外装を外し、修復に入ります。
倒してすぐに、壊れた部品も手配。

先ずはルーカスタイプのテールランプ。
ラ○コで買っても良かったが、あっちは4千円近くする。
ネットで新品を千円以下で購入。

今回は影響なかったんだけど、クラッチレバーも新調。

前回、左にこけた時に、ヤスリで成型していい具合になったクラッチレバー
なんだけど、来るブレーキマスターのラジアルポンプ化に備えて黒いレバー
にしようって魂胆。

FZR用が黒いレバーなんで、流用できるんだ。
80年代はスポーツ車は皆、黒いレバーで格好良かったんだけどね。
気になるのは、当時流行ったパワーレバー的な形状になってる事。
大丈夫かな。

これも修復箇所ではない、改良部分。
前回の雨のツーリングでSRXのアキレス腱と言われる点火系への水の浸入で
エンジンストップが多発した事への対策部品。
WMの商品で、本家のWMでは絶版なんだけど、神奈川の某SRX系のショップで
4千円くらいで売っている。
たまたまネットで新品を発見。千円以下でゲットした。

こうやって、フランジボルトに噛ませて取り付ける。
あとは、バスコークでイグニッションコイルの継ぎ目をシールすれば何とか
なるかな…。

曲がったブレーキペダル。
メガネレンチで修復って手もあるんだけど、

ネットで転んでないのを売っていたので、入手した。
今回はきれいに磨いてペダルだけ使った。
ついでに稼動部を念入りにグリスアップ。タッチが向上したよ。

チェンジペダル側も同梱されてて、予備部品として使うつもり。
残りの作業はリアフェンダー周り、ブレーキマスター交換、ついでにタコメータ
取り付け。傷の付いた外装の修復。
だね。
外装は、シーズンオフに再度塗りなおすとして、気持ちの良い秋に沢山乗る作戦。

DR-Z タイヤ交換

水曜日, 9月 23rd, 2009


ラ○コにタイヤが届いたということなので、交換に出かけた。
最近、10時数分前に整理券を配るんだよね。ピット作業の。
のんびりしてたら、3番の整理券。
予約を10時に入れたのに整理券必要なのか?
と聞くと、「必要だと言う」納得いかない顔してたら、一番最初に手続きしてもらった

OEMのダンロップD208SM 140/70R17
特に問題ないというか、最近、このタイヤのベストセッティングが分かったので
良い感じだと思う。
最初はワックスが付いてるから気を付けてって言われたけど、
確かに、一皮むくまで滑るけど、リアタイヤは加速をワイドにするだけで暖まる。
因みに、タイヤ代が18,900円(水道橋のマッハが15,400円)
でも、キャンぺーン16%オフで15,876円。ま、頑張ってる。
交換工賃1,890円、廃タイヤ処理料が157円
更に、1,000円割引券を持っていたので合計16,923円。
妥当でしょう。
ビートが馴染むまでタイヤの空気圧を250kPaにしたと言われた。
合わせてフロントも200kPaにしたとも。
う~ん チューブが入ってるんだから平気な気が。
でも、良好!!
OEMに拘ったの初めて。
次は替えようかな。
ライフ7,000㎞ってどうなのって気もするし。
因みにSRXの純正部品も発注した。

注油 はぁ~

火曜日, 9月 22nd, 2009

実は注油には拘ってる。
昨日、簡易的にチェーンに注油してるんだけど、面倒でも1コマ1コマオイル差で
一滴一滴注油するのも好きだし、ワイヤーに注油するのも好き。

左が、チェーン用のオイル。
カストロールのフォーミュラRS(20W-50固めでしょ)と添加剤のEPLのブレンド。
くるくると後輪を浮かして注油していくと、どんどん回転が軽くなっていく。
右はスピンドルオイル(ミシン油ね)アクセルワイヤー用。勿論EPL添加してる。
クラッチワイヤーはエンジンオイルのクルマ用省燃費0W-30にEPLを添加したものを
使ってる。実はワイヤーのクリアランスはクラッチワイヤーの方が、大きいんだ。
んで、DR-Zに注油。チェーンとアクセル、クラッチワイヤにね。
でもって、SRXのクラッチワイヤに注油しようとした。
今、クラッチの引きシロはベストの状態だったからワイヤーを外したくなかった。
なので、外さずに車体を右側に傾けて左手で保持。右手で注油してた。
一段落して、左手の力を抜いた途端…。
ドガッシャ~ン!!
倒しました。 思いっきり右側に。
はぁ~。
被害は…

FRP製のフェンダーレスキットのウィンカー部。
やわいのね。

アルミのブラケットとナンバープレート

ルーカステール。
右側のネジ部分が割れている。
後でみたら、中身粉々。

買ったばかりの純正バーエンド(高いんだぞ)とブレーキレバー
画像は撮ってないけど、ブレーキペダルもね。

リアカウル。

タンクにえくぼ。

一先ず、板金屋を営んでいた友人宅でバイスを借りてナンバープレートだけでも修正。

プレートは戻した。
さて、修理だけど、ブレーキレバーはマスターごと変えてしまうので
良しとして。
レバーが折れた1/2レシオのマスターは端をキレイにしてAXISにでも使うべ。
バーエンドは純正手配だな。
ブレーキペダルはオークションで安く入手した。
カウルは、タッチアップ面倒。
リアカウルもSRXの持病でヒビが行ってるし、全体的に塗りなおす!!
転んでもタダじゃ起きないぜ!!

買物先で…

火曜日, 9月 22nd, 2009


買物に行った先で見たXJR1200
今時、あえて空冷に拘ってるのが好き。
1300もインジェクションになる前までなら、結構触手が動くんだよね。
因みに、あえてヤマンボを装備してない方が清い。
と、思う。
マフラーはノーマルかSP忠男のスーパーコンバットかな~

チェーンに給脂

月曜日, 9月 21st, 2009


DR-Zのタイヤをオーダーにラ○コランドに行った時、買ったんだ。
チェーンにオイル塗布するツール。
前から欲しかったんだけど、こんな小さなプラスチックに840円は高い!!
って思ってて買わなかった。
今回、ラ○コランドの金券があったから買っちゃった。
チェーンオイル、どこのメーカーもマニュアルではエンジンオイルを1コマ1コマ
塗布しろって出てる。
でもね~手間考えるとチェーンルブをこれでチャッとやっちゃった方が早いもんね。
結構DR-Zのチェーンがヤバイ雰囲気。
替えるんだったら、ついでに二次減速比変えちゃおうかな。

オイル交換(SRX)

月曜日, 9月 21st, 2009


さて、最後はSRX。
オイルのグレードが低いとすぐにギアチェンジに影響が出る単車。
何故だ?
コレが売られてたとき、そんなに良いオイルあったっけ?
とにかく、良いオイルを欲しがるから、単車用にセミシンセティックを奢ったの。
DR-Zは好物油でも充分だもの。劣化はするけどね。

こちらも、ドライサンプ。
なので、オイルタンクから抜く。
ドレンボルトは来る油温計取り付けに向けてセンサー付きのモノを付けた。
コードにはハーネステープを巻いて防水しとく。
SRXもオイルレベルは一筋縄では行かない。
マニュアル通りじゃないと、レベル分かり辛い。
マニュアルだと、5~10分アイドリング。更に直立させて30秒アイドリング。
エンジンを止めて2~3分待ってレベルチェック。
自分のSRXは買った時からオイルキャップが社外品の油温計付きに
なってるんだけど恐らくSR用。レベルが切ってある位置が全く違う。
一応、マニュアル見てレベルを計る。
デジタル油温計つけるんだから、純正に戻そうっと。

オイル交換(DR-Z)

月曜日, 9月 21st, 2009


そしてDR-Z。
先ずは、フレームのオイルタンクから抜いて、続いてオイルパンから抜く。
スズキの常で、オイルへの負担は激しいと思う。
ワゴンRと似た状態で、廃油が出てきた。

使ったオイルは前回と同じ。MR-S同様こちらもセミシンセティック。
但し、単車用だから粘度は10W-40。
何故か、10W-40指定の単車って多いよね。
最近は、5W-40とかも見かけるけどね。
自分の単車の中には、軟らかいオイルの指定はないからいいや。
因みに、DR-Zのオイルレベル。
厳密に計らないと、レベルが出ない。
マニュアルに書いてあるのは、3分間水平でアイドリング。
その後、エンジン止めて3分待って、ゲージで測定。
水平でアイドリングってのが大事で、コレをやらないとレベルゲージにオイルは
全く触れない。
シビア。
てか、ドライサンプめんどい。
因みに、セッティングをデフォルトに戻したサスペンションの結果なんだけど、
良好。かなり接地感出た。
欲出して、更に詰めようと思って、空気圧で遊んだ。
F180kPa/R200kPaなんだけど、10kpaづつ上下に振って、最終的に
F170kPa/R195kPaに落ち着いた。
乗りやすい。
タイヤが潰れる感じ、つかみ易くなったと思うよ。