趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for the ‘’05北海道tour’ Category

で~定番的な場所

月曜日, 8月 8th, 2005


宿ではライダーは俺とBMWのF650 に乗った女の子だけ。 夕食後に話が弾んだけどね~でも富良野に行ったことが無いので伴走してくれって言われたのは閉口した。一人で走りたいからね~。仕方ないから一緒に周ったけど。

美瑛・・・見慣れた風景 でもほのぼのしてて気持ち良いや

最初の頃は曇ってたんだよね(富良野で…)。

富良野・・・結局富良野まで同道することになった。 途中の旭川でラーメン村に寄りたいと言ってたけど、旭川を通過した時点で朝の7時半くらい。 当然お店は開いて無い。 開くまで待とうと言われたけど、何時間も待たなければならないので遠慮した。


帰路・・・今回はカメラを持って行かなかったので積極的に撮って無いんだよね~。写真。今夏の画像は全部携帯なのだ。んで、何日目に無事に苫小牧のフェリーターミナルに着くわけ。 途中経過端折っちゃった。 ターミナルには泊まらないでくださいって張り紙が随所に貼ってあった。多分深夜便で上陸してる人が泊まってるんだろうね。 俺も何年か前にやったけど。仕方ないよね~あの時間に着くんじゃさぁ。
ターミナルでは母校の甲子園戦を見た。夏の大会初出場で一回戦勝ち抜いて堂々としたものである。見てる前で奪三振記録を作られ見事に負けたけど…。でも公立高校で東大生も輩出してる高校が、甲子園で1回戦を勝ち抜いただけでも凄いと思うぞ、後輩達よ。 普段は高校野球は見ないんだけど、今回は寄付金をタンマリ払ったので元を取るために熱心に見たのだった。

ラッキ~・・・フェリーは数年前に小樽から大洗に帰った時に乗ったのと同じ船だった。 その時は2等だったからわからなかったけど、見て!!2等寝台の広さ!!! ベットの上で立ち上がっても頭が天井に付かないのだ~ んで無事に下船って時にポカをやっちゃった。 エンジンを掛ける時ギアを1速に入れてるのを忘れ、クラッチを握らずに思いっきりキック!!! 当然バイクは30cm程進み、サイドスタンドは外れ、ステップの上に乗っていた俺は危うく立ちゴケをしそうになった。 パニックになっているのにぼんやり見ている周りの小僧に早く助けろ!!と怒鳴り(自分が悪いのに…でもさ~バイク乗りってそういうもんジャン)事なきを得た。あ~恥ずかしい。

↑飯はコンビーフサンド(こればっか) 

上陸

日曜日, 8月 7th, 2005


↑朝、3時に船内放送が流れ、起こされる。でバイクが降りられるまでは、1時間以上待たされるんだけどね
下船する時、いつもは船内放送の前に起きるんだけど、今回は船内放送に起こされた。んで、ウンチをしにトイレに行って見るとスンゴイ行列!!! ウンチは我慢することにした。ま、バイクは下船が一番後なので乗用車、トラックの人が下船してからゆっくりウンチした。 
下船時、エンジンを掛けようとしたら、掛からない!!! 20分位格闘してようやく掛かった。参った~ まだ癖を飲み込んでないからね~。

上陸・・・今回は雨の心配は無かったので、ひたすら北を目指した。途中8時半頃、留萌の先のセイコーマートで朝食休憩。 北海道名物の甘い豆を使った赤飯を食べた。

虫・・・毎年、虫には驚くんだけど、今年一番驚いたのが、シールドを開けてる時にぶつかってきたスズメバチ。 あと3cm上だったら…って思うとゾウッとする。やはり北海道はフルフェイスが必須だね。

空力発電・・・んで、いよいよオロロンラインに到着。 対向車がワイパー使ってんな~と思った途端に、雨!!! でも通り雨みたいな感じで、直ぐに止んだ。 良かった。 オロロンラインをひたすら進むと、以前来た時には無かった風力発電の施設が凄い勢いでズラ~っと並んでた。 実は好きなんだよね~ そこから宗谷岬へ向かう。 途中稚内空港に寄ったけど、大好きな飛行機が1機も駐機してないので、直ぐに退散した。

宗谷岬は、相変わらず「最北の碑」で写真を撮る人が大勢順番待ちしてた。 なんだかな~。 バイクに寄りかかっていると、ライダーから話しかかられた。 「最北の旗が貰えるのは、どこのガソリンスタンドですか?」って記念にキーホルダーをくれる所はすぐ目の前にあるけど、最北の旗なんて聞いた事が無い。んで、それを伝えると、そうですか~って残念そう。 そういえば、まだホクレンの旗をゲットしてなかった。 でも、海沿いの道は暫くホクレンは無い筈なので、最北のスタンドでガソリンを入れた。またキーホルダーを貰った。

宗谷岬から今日泊まろうと思ってた浜頓別に着いた時にまたオイルランプが点いた。 ドフェ~まだ500km位しか走って無いぜ~。(後でRZRのオーナーが集まるBBSで調べたら、500km/lはオイル消費の平均みたいなので単に俺のリサーチ不足ですな) バイク屋を探すが、見当たらないので、次の大きな街、美深を目指す。 途中の道は実に気持ちの良い道だったんだけど、オイルのことが気になってそれどころじゃなかった。 
ようやくガソリンスタンドを見つけてオイルがあるか聞いてみたんだけど、無いという。 「何使ってるの?」と言うから、ヤマハの純正品だと言うと、自分のYBに使っている新品を買った値段で分けてくれた。 助かった~。

比較的、走りやすいので、懲りずに林道を走ってしまった。 

塩狩温泉YH・・・んで、今日の宿は塩狩温泉ユースホステル。 ユースホステルとは言え温泉宿とユースホステルが一緒になっているので、結構居心地が良かったな~。でも今日は600km弱走った。疲れたな~。

↑夕飯はジンギスカン。同じテーブルに着いた親子連れに遠慮してあまり食べられなかったな~。

初日だよ~

土曜日, 8月 6th, 2005

初日・・・去年に引き続き新潟まで約380km。T595と違い、アベレージスピードの遅いRZRで行った今年は時間に余裕が無かった。 新潟市内に入ってから道に迷ったってのもあるんだけど。 常磐道~磐越道~日本海東北道という道のりは去年と同じ。でもタンクの容量と燃費が違うので、給油ポイントが違った。 先ずは中里SAで給油、その後磐梯山SAで給油した直後にオイルランプが点灯!!! ドシェ~入れたばかりなのに~。一応北海道で入手するのは大変と思って予備を持参してきていたので、それを給油する為に、PAを探すが、SAを過ぎたばかりなので、結構距離があって、ドキドキした。高速を降りてから相変わらず道に迷った。真紀子氏ももっと地元に貢献しないとね~。去年は意地でも道は聞かなかったんだけど、今年はさすがに道を聞きました。ガソリンスタンドで聞いたんだけど、最初フェリー埠頭って言っても判らなくて、住所で教えて貰った。フェリーって一般的じゃないのかね~。地元の人が判らないんだモノ。

↑いつもと違う磐梯山SAで休憩

↑北海道で使おうと思って買っておいた2stオイル。こんなに早く使うことになるとは思わなかった。 銘柄はカストロールのグランプリ。並行輸入品で330円/1QTと安いけど第3国製ではなく、カナダ製なので大丈夫だろうと思った、多少不安だったけど問題なく使用できた。

↑結局フェリーターミナルに着いたのは9時半過ぎ。既に長だの列状態。 しかも既にバイクは乗船を開始してる。焦った焦った。

無事乗船・・・いや~どうなるかと思ったけど、まあチケットを持ってるんだから乗船できる訳で、バイクを置いたところは船倉の中でも端の方だったけど。 乗船したら早速、シャワーを浴びて、飯にした。朝飯食って無いからね~。メニューはサンマの蒲焼の缶詰と韓国麺のカップヌードル。韓国麺はこの間見たスターウォーズの「アナキンは暗黒面に堕ちた」っていう台詞とダブって一人で「クスリ」と笑ってしまった。

↑フェリーの前部、天気が良くて絶景だった。飯を食いながら、この景色が見える前部ラウンジに暫く居た。

↑夕飯 フランスパンとコンビーフのサンドイッチ。自分の定番メニュー 意外と旨い。(パンが潰れてるけど…)

前準備

水曜日, 8月 3rd, 2005

春に鎖骨を骨折し、入院治療。その後もリハビリが続き、右肩が思うように動かない状態だったので、行くのは諦めていたんだけど、バイクに乗れない時間が多かったせいか、家の近所だけでも多少走れるようになると、居てもたっても居られない!!! 結局ロングツーリングを実行することにした。
とは言え、未だに右肩にプレートが入った状態で痛みもあり、可動範囲も限られた状態なので、あまりハードな事は出来ない。行きたいけど見知らぬ土地の四国はリスクが多すぎるので慣れた北海道に行く事にした。 去年雨を避けて行かなかった稚内を先ずは目指すつもり。
例年より若干遅めに旅行会社に予約。 フェリーは無事取れた。 去年に引き続き往路は新潟~小樽。復路は苫小牧~大洗。相変わらず宿は決めずに、行き当たりバッタリ作戦慣行!!! 肩に若干の不安はあるが、毎朝筋力トレーニングをして痛むプレートの周りを筋肉で覆って痛みを堪えようという作戦。
★肩に不安を抱えているんだから、他に不安の要素は作りたくないところだけど、よせば良いのに6月に購入してようやく公道を不安なく走れるレベルにしたばかりというセカンドバイク(’83RZ250R)で行く事にした。フェリー代も節約出来るかなって色気も出して。