趣味の総合サイト ホビダス
 

Y's Garage Miscellaneous notes

|

単車、4輪、生活に関する雑記です。

Archive for the ‘TRIUMPH T595’ Category

車検準備

日曜日, 5月 14th, 2006

車検を翌日に控え、12ヶ月点検を実施した。Excelで自作した二輪車用定期点検記録簿を片手に定期点検実施。 先ずは車体回りのガタを見て(普段点検してるから不具合は無いんだけどね)得意のブレーキ廻りを中性洗剤の水溶液にザブンと浸けて丸洗い。ひと通り点検を終えた後、念のためマフラーをノーマルに戻した。

買った時から社外マフラーが付いていて、音もそんなに大きくないし、前オーナーによると車検は問題なかったってことだけど、騒音規制が変わっている筈だし、検査場の検査官によって見解が違ったりするので、とりあえず2~3分の作業だから3,000円でゲットしたノーマルに戻した。(騒音規制が変わったとは言え、近接騒音が98年式以前で99dBなので大丈夫なんだろうけどね…でも遅刻して会社に行く事にして、車検を受けるわけだから余計な心配の元は排除しておきたかったのだ)

ツーリング後の洗車の際にチェーンの清掃も実施済みなんだけど、ま、見栄えを良くしとくのは検査官の印象を良くするだろうって事で、チェーンも清掃。 最近の清掃グッズは上の画像のモノを仕様。 硬めの安いエンジンオイルの余りをチェーンに塗布し、ナイロンブラシでローラー部分を洗浄、真鍮ブラシでプレート部分を洗浄する。 何かの記事でチェーンクリーナはシール内の油脂を洗い流し良い事が無いって言うのを見たので、エンジンオイルを洗浄に使ってる(元々エンジンオイルには洗浄成分や防錆成分が入っているし、ホンダなんかのマニュアルを見るとチェーンオイルはエンジンオイルの使用を推奨したりしているからコレで良いのだ) んで、オイルは最近呉工業から出たスーパーチェーンルーブ。 ホームセンターで安く手に入る割りに性能が良いのだ。

んで、チェーンはこのようにキレイな状態に。

定期点検記録簿はホンダの純正品を参考に作ったため、タイヤの磨耗状態を㎜単位で記入するところまで再現した。 後で他の記録簿を見たら特に必要の無い情報のようだったけど、印刷しちゃったからノギスで測って記入。勿論、タイヤは交換したばかりなので問題無し。 後は心配な光軸調整の仕方をヘインズのマニュアルで調べ、強制保険は近所のバイク屋に行き次回の車検満了分まで加入(車検場で加入も出来るが、普段、純正部品購入だけをお願いしてて、作業を頼まない嫌な客だと思われてるだろうな~って思って義理を果たしたつもり)

ツーリングの後で…

月曜日, 4月 24th, 2006

運が悪いのか、行いが悪いのか雨に祟られた先週のツーリング。 週末に洗車をしようと思ったけど、相変わらず土曜は休出だったりする。翌日の日曜日は雨、….。本当に行いが悪いらしい…。幸い翌日の月曜日は代休を取っており、天気がメチャメチャ良かったので、洗車を慣行した。

雨の中を走るとこんな状態。 チェーンもオイルが切れてキュルキュル言ってる。

当然カウルは外す、結構面倒くさくて、8箇所のクイックピン、3箇所のボルト、ウィンカーのコネクタを外す必要がある。

本当に暖かい日(24℃あり5月下旬の陽気だそうな)だったので、車体の整備後、近所の公園に歩いて昼食を食べに行った。 有意義な代休だった。

今シーズン初ツーリング

土曜日, 4月 15th, 2006

さて、ようやく4月に入り、いよいよオンシーズンとなった。早速仲間に連絡を取り、(結局集まったのは3台だけど…)シーズン初ツーリング。場所は毎年恒例にしている房総半島。しかし10年くらい前から恒例にしているので、走る場所が無くなってきたかな~。来年はやはり暖かい福島の浜通り辺りにしようか?などと仲間と話をした。

4月に入り暖かい日が続いたって油断してたら、この日は寒い…。トイレが近くて参った。 結構頻繁に休憩しないとチビリそうだった。
 コース的にはひじょうにワンパターンで、成田を抜けて海沿いの道を走り、南端まで行ったら内陸に入り、常宿にしている某宿舎へ。 画像は波乗り道路のPAにて ロードスターのオフ会のような事をやっていた。

宿の洗面所にあった不思議な蛇口。(どうやって使うんだろう)
画像には2台しか写って無いけど、もう1台来てたんだけど画像を撮り忘れた。 二日目はあいにくの雨(ここんところツーリングは雨ばっか) 帰路は皆バラバラになってソロで帰るのが我々の常で、俺はいつも姉崎袖ヶ浦ICから一気に高速で1時間程で家に帰ってたんだが、雨が凄すぎて、高速に乗る気が全くしない!!! 仕方が無いので、途中で進路をR410からR409に替えてR128、再びR409、R408を使って家に帰った。 R409沿いのショボクレた商店街で自分のバイクに乗る姿を見て「ドキリ」へッピリ腰の女乗りになってた。 実はここんとこ少しスランプ気味でタイヤの接地感が希薄な状態が続いてて、少し恐々乗ってたんだけど、原因がハッキリした。 昨年は鎖骨骨折で入院とリハビリがあって腹筋と背筋を鍛えるのを怠ってたから、腹筋が弱っててお腹を引っ込めた乗車姿勢が取れずにいたんだね。 意識してお腹に力を入れて乗るようにした途端、雨にもかかわらず抜群の接地感!!! いや~ひょんな事からスランプ脱出だね~。

オイル交換

火曜日, 3月 21st, 2006

家の車のオイル交換をしたついでにT595のオイル交換も実施した。 今年の冬はあまり走らなかったので、そのまま交換無しで夏を乗り切ろうかと思ったんだけど、スノコ・レッドフォックス10W-40だと夏の渋滞にハマッた時に油圧警告灯が点滅したりするので、勿体無いとは思ったが交換に踏み切った。

落ちてくる廃油自体はキレイ。 う~ん、勿体無いかも…。

キャリア取り付け

日曜日, 3月 12th, 2006

基本的にツーリングでの使用が主な俺のT595。 その割に荷物を積むスペースが無い、リアシートを荷物スペースにすれば、とりあえず何とかなるのだが、高速道路のタンデムが許された今、荷物を積むスペースを確保しておかないと微妙…。ってタンデムはあんまりしないんだけど、荷物を積むのにキャリアがあるとやはり便利。 物自体は実は昨年から入手していた。暖かくなったので、取り付けを慣行。

キャリアはGB製のレンテック。取り扱い説明書に絵が無い、全て英語で解読に難儀した。どの部品をどこに付けたら良いのか、英語力に掛かっていたが、辞書片手に何とか、部品の位置関係は飲み込めた。 んで仮組みして、各部微調整。
 お世辞にも格好よくないが、欧州のヒトが(決して流行でRVにしか乗らないモータリゼーションに乏しい日本人の事ではない)ワゴンに乗るが如し、で、自分ではライフスタイルの主張が出来ているようで、自己満足。

タイヤ交換

土曜日, 2月 25th, 2006

さて、中古タイヤの宿命、山はあるが、表面の硬化が激しく、ライフとしては終わってしまったミシュランのパイロットスポーツ。 んで、ストックしてあった、IRCのSP11に交換した。 前回作業をお願いした○イズ○ァクトリーは、技術的には問題ないが、如何にも常連至上主義が鼻につき、下手に出て作業をお願いするのが不愉快なので、子供の頃から懇意にしていて、自転車を購入していた○田サイクル(今は代替わりして旧車バイクが中心の立派なバイク屋さん)で交換をお願いした(最初からこっちにしてれば良かった)。例によって、タイヤは買わずに手間だけの作業をお願いする礼儀として、前後輪とも外して持って行き、作業をお願いした。

↑前後輪を外され、新しいタイヤ待ちの状態のT595。

中古とは言え、1000km走っていないタイヤだけに山はタップリ。保存もラップをぐるぐる巻きにし、紫外線の当たらない物置で保存した。
 チョッと家の廻りを走った感じでは、最初の交差点のヒト滑りには(履き替えたばかりのお約束)ビビッタが、非常にコントローラブル。このIRC、一部では評判は良くないけど、コストパフォーマンスは高いと思う。 因みに○田サイクル、工賃は前後で4000円。安い!!

バッテリー補充電

日曜日, 2月 12th, 2006

さて、寒くて乗ってないとは言え、毎週のようにエンジンは掛けていたんだけど、やはりチョッとエンジンを掛けるだけでは寒さと相まってバッテリーへの負担は大きかったらしく、セルを廻す力が弱く、エンジンが掛かり辛くなってしまった。

んで、速攻で補充電を実施。

端子に埃が付着していたので、CRC-556でクリーンアップ後、グリースを塗布した。 充電後久しぶりに40km程流したんだけど、寒い~ 今日は晴れてるとは言え、北風が強く最高気温は4℃!!! 昨日は14℃まで上がったから昨日乗りたかった(休日出勤で無理だったんだけどさ) しかし、バイクは体が動かないと危ない!!! ストレッチは必須だな。 一時停止を無視して飛び出してきたヤンキーの乗るセルシオに対処するのに焦った~。 窓叩いて交通安全指導をしておいたけどね。

根性無いので冬支度

土曜日, 12月 3rd, 2005

寒い冬でも根性と意地で単車に乗っていたのは昔の話。 駄目です!寒いんです。 週末の昼間の暖かい時を見計らって乗りたい気はするんだが、週末の昼間の暖かい日というのは買い物日和だったりするわけで、いそいそと単車に跨って出掛けるのも気が引ける…。 なので、冬の間は本当に距離が伸びなくなるのだ。 放っておくと、単車が腐るので、かのハーレーが船便で輸出する際に、錆に悩まされて開発されたという逸話のある、アーマオール漬けにして(勿論、シートとか塗っちゃいけない場所もある)腐りを事前に防止するのと、ブレーキの引きずり防止とタイヤへの影響を考えて、定期的に2~3km近所を走ってる程度週間になる。
冬嫌い。

秋ツーリング…の後で

月曜日, 10月 24th, 2005

普段の洗車は水を使わないのが基本なんだが、さすがに今回は水洗い。 エンジンも相当汚れていたので、カウルを外して洗車した。 実はオルタネータとかが剥き出しになるので、カウルを外して水洗いは気が進まないんだけど、ドロドロだったから仕方ないね。
基本的には水を掛け回して汚れを浮かし、バケツに中性洗剤を入れ、ホースの水を勢いよくいれ泡立てて車体を泡だらけにして更に汚れを浮かす。 暫く放置した後、ブラシでゴシゴシやれば大体の汚れは落ちる。 勿論、オルタネータとかコイルの辺りは避けて水洗いしないと後で後悔することになるかんね。 んで、軽く車体を拭いたら少し近所を走り細かい処に入った水分を吹き飛ばしシリコンオイルを塗ったウエスでエンジンやサスペンション廻りを拭いてワックスで塗面を拭いて仕上げる。これで大分キレイになるんだけどね。 実は4輪車の洗車は大得意なんだけど、4輪車をキレイにしてるのって照れくさくて、嫌いなので普段は実力を発揮せずにいるのだ。 色々培ってきたノウハウもあって、ガラス面はママクリスタが一番良いとか情報はあるんだけど洗車ばかりしてる4輪ドライバーってなんか嫌い。 勿論、バイクはさにあらず、キレイにして乗って、トラブルの早期発見は必須ね。

↑久しぶりの単車水洗い。相当汚れてた。

おおぉ~キレイになったぜ!! この後、チェーンとワイヤー類に給脂し、また週末の早朝に走りに行くのに供えた。

秋ツーリング…

月曜日, 10月 17th, 2005

さて、ツーリングだが今回は雨に祟られ、最悪のツーリングになった。 なんでかな~ 行い悪いのかな~
コースはいつもの通り茨城南部から、小山~壬生~今市~鬼怒川温泉~田島~会津高原~木賊という道のり。 大体「壬生」を過ぎた辺りからポツポツと降りだしてきた。 嫌いなんだよね~若いときは雨でも楽しんでツーリングしてたんだけど、寄る年波には勝てないっていうか、昔に比べ、硬くなってスタビリティの上がった近年のバイクはタイヤの接地感が希薄なので、体感的にグリップ感が伝わらなくて、正直怖い!! こういう天気なら断然RZRの方が楽しめるんだけど、RZRは不調状態(直さなきゃね~) しかも、T595のリアタイヤは減ってきてるので、余計に恐怖を感じた。 更に追い討ちを掛けるように鬼怒川温泉から、木賊までの道ってアスファルトに混ざってる石が大きくて実際に滑りやすいから、雨が降ると恐怖なんだよね。  ま、そんなこと言っても、ツーリングは楽しいわけで、そろそろ色づき始めた山々を見ながら(雨模様だから余計にキレイに見える)ツラツラと目的地を目指すのであった。

↑今市の手前にて、ポツポツ降りだしたのでここで合羽を着た。

↑途中の道の駅「たじま」にて 画像には写ってないが、山の上の方はキレイに色づいている。

↑行きも帰りも雨に降られて、今回は汚れました。
さて、目的地の宿には13時頃に着いてしまったが、雨で寒いので無理を言って宿に入れてもらった。 早速、露天風呂。 残念ながら誰もおらず、貸切状態で(まぁ、ゆっくり入るには良いけどね) 風呂に入ってはビール、また入ってはビールを繰り返してた。 今回は現地集合、友人達は遅い到着だろうから、ビールを飲みながら部屋でゆっくりしてた。 夕方頃友人達が続々集まってきて、酒盛りへ 今回の宿は酒屋が経営している民宿なので酒には困らないのだ(と、この時点では思ってた) 夕飯は山奥の宿にはありがちな、キノコ、山菜づくし。 この食材使って絶品っていうのは中々無いよね。 ま、及第点かな。 あ、キノコご飯は天然の舞茸とかで旨かった。 食事を終え、露天風呂に入り、腰を落ち着けて飲む為に宿の酒屋で酒を買おうとしたら、既に宿・酒屋の住人は就寝。「で~、今夜飲む酒が~」結局、夕方買ったビールとワインでしみじみとやり、風呂に入りに行って、混浴に入ってくる勇気ある女性の体を堪能するのであった。 今回は二人連れの女性の一人が貧血になってしまったのを介抱して、おいしい状態だった。ぺロリンってバスタオルがはだけちゃったから、丸見えだったのだ!!!    朝も、カップルの女の子が何故かバスタオルを巻かずに普通のタオルで体を隠してたのが色っぽかった。 
 帰途は雨は大丈夫だろうと思ってたら、降られました。 はぁぁぁ、  んで、仕事が忙しいので帰宅後即会社へGo!! さすがに温泉入りまくりと雨中走行が不味かったのか、熱が出てヒンシュクを買ってしまった。 フラフラしたけど、仕事して帰った。 疲れた~。